ダイエットが続く5つのコツとは?誰でもできるダイエット継続の秘訣について徹底解説!

「何度もダイエットをしても挫折してしまう」と悩んでいる人は多いもの。
私たちは、なぜダイエットを続けることができないのでしょうか?
実は、ダイエットを続けるには「あるコツ」があったのです。

そこで今回は、ダイエットが続かない方へ向けて、以下の内容を解説していきます。

  • ダイエットが続くための5つのコツ
  • ダイエットが続かない人の特徴

今年こそダイエットのコツをつかんで、理想の自分に近づきましょう。

ダイエットが続く5つのコツとは?

ダイエットを続けるには「やる気」や「気合い」だけでは達成できません。
なぜかというと、体調不良やモチベーションの低下によって、簡単につまづいてしまうからです。
実は、ダイエットを続けることができる人は、やる気や気合いに頼らず、5つのコツを実践しています。
ここでは、ダイエットを続けるために実践したい5つのコツについて解説していきます。

①完璧を求めない

ダイエットに失敗する人にありがちなのが「完璧を求めること」。
ダイエットを成功させたいと思うばかりに、自分を追い込み過ぎてしまうのです。
1日の摂取カロリーを厳守する、同じものばかり食べる、疲れていても運動を優先してしまう、など、経験がある方も多いのではないでしょうか?

完璧を求めすぎるとかえってストレスが溜まり、暴飲暴食を招く恐れがあります。
また、ダイエットを続けて結果を出すには、体の健康も重要です。
ストレスによって睡眠の質が低下するなど、ダイエットに好ましくない環境になりやすいため、完璧を求めすぎるのには注意が必要になります。

②ストレスとうまく付き合う

先ほどご紹介した内容と合わせて、ストレスとうまく付き合う方法も身につけましょう。
ダイエット中は誰でもストレスを感じるもの。
そのストレスと上手く付き合うことで、ダイエットが成功しやすくなります。

ストレスと上手く付き合うためのポイントは「ポジティブに考えること」です。
ダイエット中は「なかなか体重が減らない」「お腹周りが痩せない」とネガティブになってしまいがちですが、ポジティブに物事を考えることで、ダイエットへの原動力にすることができます。

このように、ストレスと上手く付き合う方法を身につけるようにしましょう。

③自分にご褒美をあげる

誰にとっても、ずっと頑張り続けることは辛いもの。
そんな時には、自分にご褒美をあげることでモチベーションを保つことができます。
「体重が◯kg減ったら新しいバッグを買う」「筋トレを1週間続けることができたら旅行に行く」など、具体的なご褒美を設定するとモチベーションアップに繋がるため、おすすめです。

また、ダイエット中のカロリー制限が辛いという方は、週に1度「チートデイ」をつくるのもおすすめ。
チートデイとは、ダイエット中に省エネモードになった脳や体に対して高めのカロリーを摂取することで、停滞期を乗り越える方法です。
週に1度であればリバウンドの心配もないため、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

④具体的な目標を立てる

ダイエットを続けるには、具体的な目標を立てることも忘れてはいけません。
ゴールがわからないまま走り続けることができないのと同じように、具体的な目標がなければ努力し続けることは難しいのです。
具体的な目標を立てることは、ダイエットに対して前向きに考えるきっかけになります。
まずは、自分がどのような姿になりたいのか、具体的な目標を立てるところから始めると良いでしょう。

⑤続けやすいレベルから始める

ダイエットが続く人は「続けやすいレベルから始める」ことを自然に行っています。
つい結果を急ぐあまり、厳しいメニューに挑戦してしまいがち。
ダイエットを成功させるには「続ける」ことが大切です。
自分の体力や運動習慣を考えながら、まずは続けやすいレベルから始めるようにしましょう。

こんな生活は卒業しよう!ダイエットが続かない人の特徴6選

これまで、ダイエットを続けるためのコツについてご紹介してきました。
ダイエットを続けるコツとともに、知っておきたいのが「ダイエットが続かない人の特徴」です。
何度も挑戦してきたダイエットがうまくいかなかった理由は、この「特徴」のせいかもしれません。
本気でダイエットを続けたい!という方は、ぜひ参考にしてみてください。

特徴①:コンビニに寄るクセがある

仕事帰りや出かける前など、ついついコンビニに寄ってしまうクセがありませんか?
「とくに用がないのにコンビニに寄ってしまう」という方は要注意です。
ついコンビニに寄ってしまい、ジュースやお菓子を買う習慣ができていると、1日の中で不要なカロリーを摂取することになります。
ダイエット中はできるだけ余分なカロリーは摂らないようにしたいもの。
「つい」コンビニに寄るクセは少しずつ改善していきましょう。

特徴②:新商品は必ずチェックしたい

ついコンビニに寄ってしまう人に多いのが「新商品はチェックしたい!」という特徴です。
コンビニやスーパーでは、頻繁に新商品が発売されています。
新商品は、その季節を感じることができ、つい手を伸ばしてしまいがち。
しかし、定期的にお菓子やジュースを買う習慣ができているのは、ダイエットをするうえで好ましくありません。
「新商品を必ずチェックしたい!」という方は、家族とシェアする、回数を減らすなどの工夫が必要です。

特徴③:いろんなダイエット方法を試している

これまで、いろんなダイエット方法を試した人も注意が必要です。
何度もダイエットに挑戦し、挫折した経験がある人ほど心が折れやすいもの。
ちょっとしたことでつまづいてしまい、挫折してしまうのです。
「今回もだめかも…」とネガティブにならないよう、ダイエットをうまく続けていくための仕組みづくりも重要になります。

特徴④:すぐに運動できる環境が整っていない

すぐに運動できる環境はとても大切です。
せっかく運動する時間があっても、部屋の片付けをしなくてはならない環境では、ダイエットに集中できません。
毎日すぐに運動ができるような環境づくりを心がけましょう。

特徴⑤:ヒマな時間が多すぎる

ヒマな時間が多すぎる方も注意が必要です。
時間がたくさんあるため、ついダラダラとしてしまいがち。
スマホをいじっていたら寝てしまった…なんて経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
ダラダラ時間を過ごさないためにも、運動をする時間をあらかじめ決めておくと良いでしょう。
初めは無理せず、始めやすいタイミングで始めてみましょう。

特徴⑥:「明日から頑張る」が口ぐせ

ダイエットが続かない人に多く見られるのが「明日から頑張ろう」という口ぐせです。
ダイエット中でありながら、つい気になるのがジャンクフードなどの太りやすい食事。

また、会社の飲み会や友人とのランチなど、食べすぎてしまう原因は意外にあるものなのです。
「今日はとりあえず食べてもいっか」なんてことばかり言っていては、ダイエットは成功しません。
しっかりダイエットを成功させるには「明日から頑張る」という口ぐせを卒業しましょう。

まとめ

今回は、ダイエットが続かない方へ向けて、以下の内容を解説しました。

  • ダイエットが続くための5つのコツ
  • ダイエットが続かない人の特徴

ダイエットが続く人は5つのコツを自然におこなっています。

  1. 完璧を求めない
  2. ストレスとうまく付き合う
  3. 自分にご褒美をあげる
  4. 具体的な目標を立てる
  5. 続けやすいレベルから始める

ダイエットには「ガマン」が必要だと思っていませんか?
ダイエットを成功させるには「ガマン」ではなく「うまく付き合うこと」が大切なのです。
楽しみながらダイエットをすることで、自然と習慣化することができます。
この記事を参考に、ぜひ「ダイエットを続けられる人」になってみてはいかがでしょうか。

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

新着記事をお知らせ

おすすめ記事