筋トレが続かない人の特徴6選!筋トレを習慣化するためのコツとは

「筋トレを始めてみよう!」と思ったものの、気がついたら挫折してしまっていた、なんて経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
筋トレを始める理由は「筋肉をつけたい」「筋トレで痩せたい」など、さまざまな理由が考えられますが、何より継続することが成功の秘訣です。
そこで今回は、筋トレが習慣化できずに悩んでいる方へ向けて、以下の内容をご紹介していきます。

  • 筋トレが続かない人の特徴6選
  • 筋トレを習慣化するためのコツ
  • 筋トレを始めるならこれがおすすめ!トレーニンググッズ

    これから筋トレを始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

    筋トレが続かない人の特徴6選

    「筋トレで今年こそ引き締まった体を目指そう!」と思っていても、なかなか続かないもの。
    実は、筋トレが続かない人には共通する特徴があるのです。
    ここでは、筋トレが続かない人の特徴6つをまとめてご紹介していきます。

    特徴①:「忙しい」を言い訳にする

    筋トレが継続できない人は「忙しいこと」を言い訳にしがち。
    今は忙しいから、と後回しにしていては、いつまで経っても自分自身を変えることができません。
    筋トレを続けることができる人は、空いた時間を見つけて少しでもトレーニングができるように努力しているのです。
    仕事や家事が忙しい場合には、空いた時間にトレーニングがしやすいよう、環境やメニューを見直してみてはいかがでしょうか。

    特徴②:目標設定が高すぎる

    自分を変えたい!という人にありがちなのが「高すぎる目標設定にする」ことです。
    普段からあまり運動習慣がない人にとって、高すぎる目標はおすすめできません。
    その理由は大きく分けて2つ。

  • ケガの原因になる
  • モチベーションを保つのが難しい

    筋トレで成果を上げるには、毎日少しづつでも続けることが大切です。
    しかし、毎日のメニューや目標が高すぎると、こなすことばかりに目を向けてしまい、モチベーションを保つのが難しくなってしまいます。
    また、いきなり激しい運動をすることでケガをするリスクもあるため、注意が必要です。

    特徴③:正しいトレーニング方法を知らない

    トレーニングで体を引き締めるには、正しいトレーニング方法を知っていることが大切。
    せっかくトレーニングの習慣を取り入れても、正しい方法でなければ結果は出にくいからです。筋トレを始める際には、正しいトレーニング方法を学ぶようにしましょう。

    特徴④:筋トレを楽しんでいない

    「筋トレは辛いもの」だと思っていませんか?
    筋トレを楽しむことも、習慣化への大切なステップです。
    まずは「気に入ったトレーニングウェアをそろえる」「好きなモデルと同じメニューをやってみる」など自分が筋トレを楽しめるような工夫をしてみましょう。

    特徴⑤:筋トレの環境が整っていない

    筋トレを習慣化するには、環境を整えることも大切です。
    いつでもトレーニングしやすい環境が理想的ですが、難しい場合にはすぐにトレーニンググッズが取り出せるような部屋づくりを心がけます。
    トレーニングをするのに十分な広さ、周りに物がないか、マンションなら近隣への騒音に気をつけながら環境を整えましょう。

    特徴⑥:具体的な目標が定まっていない

    「1年で◯kg痩せる」「結婚式までにサイズを落とす」など、具体的な目標が決まっていないと筋トレの習慣化は難しくなります。

  • 着たい服がある
  • 大事なイベントがある(成人式・結婚式など)
  • 健康面で不安がある
  • 太ってしまったので元の体重に戻したい

    このように、何のために筋トレをするのか理由を見つけることで、具体的な目標が設定しやすくなるのです。

    筋トレを習慣化するためのコツ

    これまで、筋トレが習慣化しづらい人の特徴について解説してきました。
    とは言っても、筋トレの習慣化は難しいものではなく、ちょっとしたコツを掴むことで誰でも習得できるのです。
    そこでここでは、筋トレを習慣化するコツについて詳しく解説していきます。

    生活の中に筋トレを組み込む

    筋トレを特別なものにせず、日常の中にうまく組み込むのが習慣化が成功するコツです。
    「どのタイミングで筋トレを始めればいいのかわからない」という方は、帰宅後すぐや夕食の後など、毎日行う行動とセットでルーチン化するのがおすすめ。
    初めは短い時間で行い、少しづつ時間を伸ばしていくと良いでしょう。
    比較的、トレーニングに時間が取れる時間帯がベストです。

    FITMORE運営2人の毎日のルーティンと、忙しい社会人が筋トレと仕事を両立するために実践している方法は下記の記事で解説しています。是非参考にしてみてください。

    ①FITMORE田邊が実践!筋トレと仕事を両立するための4つのコツ
    ②FITMOREナオキが実践!【今日からできる】仕事が忙しい!そんな社会人でも筋トレを続ける3つのポイント

    一緒にトレーニングする仲間を作る

    筋トレ初心者にとって、1人で目標を立て、コツコツ筋トレを続けていくのは難しいもの。
    初めのうちは友人や家族など、一緒にトレーニングをする仲間を作るのがおすすめです。
    一緒にトレーニングすることで、モチベーションが保てるだけでなく、情報交換などもしやすいのがメリットと言えます。
    周りにトレーニング仲間がいないという方は、パーソナルトレーニングを利用してみましょう。
    トレーニングの専門家から適切なアドバイスをもらうことで、自分の体づくりについて、詳しく学ぶことができます。

    筋トレグッズを揃える・環境を整える

    新しく何かを始める時には、形から入るのもおすすめ。
    筋トレグッズを揃えることでモチベーションが保てるだけでなく、楽しんで筋トレを続けることができます。
    筋トレを習慣化するためのコツとして、まずはお気に入りのグッズを見つけてみてはいかがでしょうか?

    目指しやすい目標を立てる

    筋トレの習慣化には、目指しやすい目標も欠かせません。
    そのため、筋トレの習慣化には以下のような手順を踏んでいくのがおすすめ。
    ①なぜ筋トレを始めるのか考える
    ②具体的な目標を立てる
    ③目標を達成できるようにプランを考える

    目標がしっかり定まることで、筋トレの習慣化がしやすくなります。
    「いつも数日で挫折してしまう」という方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

    筋トレする期間を決めておく

    ゴールが決まっていないのに走り続けるのは辛いもの。
    モチベーションを保ちながら習慣化するためには、あらかじめ期間を決めておくのがおすすめです。
    「2ヶ月で〇〇」「半年で〇〇」と決めておくと集中力が高まり、筋トレに専念しやすくなります。
    しかし、ここで注意したいのが、無理な目標を決めること。
    期間に合わせた無理のない目標を立てるようにしましょう。

    筋トレを始めるならこれがおすすめ!トレーニンググッズ

    筋トレを習慣化するためには、自分にあったトレーニンググッズも知っておきたいもの。
    ここでは「あると便利」なトレーニンググッズを、それぞれ詳しく紹介していきます。
    「本格的にトレーニングを始めたい!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

    ヨガマット

    筋トレ初心者にもおすすめなのが、ヨガマットです。
    ヨガマットはヨガだけでなく、さまざまなトレーニングに使える便利なグッズ。
    床に寝転がって行うトレーニングも、ヨガマットを敷いておけば背中が痛くなることはありません。
    また、マンションで階下への音が気になる方にもヨガマットはおすすめ。
    少し厚めのマットを選ぶと音が響きにくいのでおすすめです。

    フォームローラー

    最近では「筋膜リリース」などで知られているフォームローラー。
    このグッズはさまざまなメーカーから発売されており、素材などもそれぞれ違います。
    フォームローラーの使い方はかんたんです。
    フォームローラーに体を乗せて転がすだけで、その部位にストレッチ効果が期待できます。
    肩こりに悩んでいる方にもおすすめの商品ですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

    アンクルウェイト

    筋トレだけでなく、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行う方におすすめなのがアンクルウェイトです。
    足首に巻くタイプの重りのことで、これを装着することでトレーニング効果アップが期待できます。
    筋トレ中にも使えるタイプや軽めのタイプなど、さまざまな商品が出ていますので、ぜひチェックしてみてください。

    まとめ

    今回は、筋トレが習慣化できずに悩んでいる方へ向けて、以下の内容をご紹介しました。

  • 筋トレが続かない人の特徴6選
  • 筋トレを習慣化するためのコツ
  • 筋トレを始めるならこれがおすすめ!トレーニンググッズ

    筋トレが習慣化できない人には特徴がありますが、ちょっとしたコツを掴めばすぐに習慣化できるようになります。
    おすすめのトレーニンググッズも紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。


    FITMOREが運営するオンライントレーニンググループ『FITMORE』

    FITMOREのビジョンはこちらの記事で解説中
     

    FITMOREの使い方はこちらで解説中 

    ◆トレーニング仲間やコーチと共に運動習慣の定着を目指すトレーニンググループ(無料)
    こんな人にオススメ!
    ⇒三日坊主になりがち/一人では続けられない/気分が乗ったときにしか取り組めていない
    FITMORE無料グループに参加してみる
     

    ◆さらに成果を求める方はパーソナルコーチから個別指導を受けられる(オンライン/有料)
    こんな人にオススメ!
    ⇒より自分に合ったトレーニング・ダイエットメニューを行いたい/食事や栄養指導もして欲しい

    ▼詳しくはこちらから
    https://fitmore.info/

  • Share on facebook
    Share on twitter
    Share on linkedin
    Share on email

    新着記事をお知らせ

    おすすめ記事