筋トレと仕事を両立するための4つのコツ

こんにちは。
FITMORE運営の田邊です。

突然ですが、こんなお悩みはありませんか?

私は平日はサラリーマンをしながら、スキマ時間に筋トレとFITMOREの運営に携わっています。

筋トレとしては、週5日のジム通いを継続し、1回のトレーニング時間は30~45分程度です。

FITMOREの運営は相方のナオキさんと二人三脚で取り組んでいます。
毎日やること山積みで、最近はかなり多忙です。

今回の記事ではサラリーマンをしながら、好きなことを継続するために私が意識している「筋トレと仕事を両立するためのポイント」をお伝えしていきます。

以前相方のナオキさん(サラリーマン歴8年)が書いた「【今日からできる】仕事が忙しい!そんな社会人でも筋トレを続ける3つのポイント」も合わせてご一読ください。

ではいきましょう。

【結論】筋トレと仕事を両立するためのポイント

まずは結論から。
私が考える「筋トレと仕事を両立するためのポイント」は下記になります。

・達成できる目標を立てる
・1日のルーティーンを作る(筋トレの時間を固定する)
・ビックマウスになる
・筋トレの時間を短くする

それぞれ詳しく解説していきますね。

達成できる目標を立てる

私は筋トレを継続させる上で、目標を立てるのが重要だと思っています。
今回は私が実践していることを簡単にご紹介。

私はかなり短いスパンで「達成できる目標」を設定しています。
筋トレにおける目標設定に関しては、ハードルを下げるのがポイントです。

例えば私がFITMOREで宣言した4月中の目標は「ダイエットを進め、体重を78kg台まで落とす(現在80kg)」でした。
この記事を書いているのが4月11日で、今の体重は79kg台前半です。
20日くらいに目標達成できるかと予想しています。

特に筋トレの目標設定では、小さな目標を確実にクリアしていくステップを楽しんでいます。

目標に届かなくて落ち込むより、小さな目標でも達成し、自己肯定感を上げていくのです。

その積み重ねで、私は筋トレを3年以上継続できており、日に日に身体がしっかりしてきます。

1日のルーティーンを作る(筋トレの時間を固定する)

私は基本的に毎日同じスケジュールで過ごします。
理由は「身体が自然と次の行動に移ってくれるから」です。

例えば、私はお昼休憩に筋トレをします。
午前の仕事が片付いたら、自然と着替えるようになり、身体がジムモードに切り替わります。

毎日の行動を固定すると、徐々に身体が「その時間にすること」を覚えてくれます。

参考までに、私の1日の時間の使い方は下記になります。

多少のズレはありますが、毎日このようなスケジュール感で生活しています。

数ヶ月前までは、朝7:30から筋トレをしていましたが、朝の時間を作業に使いたかったので昼に変更しました。

いろいろ試して、自分に合う無理のないスケジュールを見つけてみてください。

ビックマウスになる

私は昔からビックマウスです。

家族や友人に「〇〇する!」などと宣言し、自分を追い込んで達成してきました。

例えば私は大学時代、4年間アメリカで過ごしました。
このきっかけは、ふと思った「アメリカに行きたい!」を家族に伝えたことから始まります。

もちろん語学力は全くありませんし、具体的にどのような手続きが必要なのかさえも全く把握していません。

「アメリカに行きたい」「もう周りに宣言してしまった」などの様々な思いを巡らせながら、なんとか無事に成功させました。

筋トレも同じです。

「マッチョになりたい」「痩せたい」という直感的な思いを周りの人に宣言してみましょう。

宣言したら、その目標を日単位で落とし込み、毎日コツコツ取り組んでいくのです。

私は毎日FITMOREトレーニングコミュニティに「今日やったこと・明日やること」を宣言しています。

やる気がでない時も「昨日宣言したしトレーニングするか」という動機で継続しています。

詳しくは下記の記事でも解説していますので、興味がある方はどうぞ!
リンクリンクリンク

筋トレの時間を短くする

私のトレーニング時間は毎回30~45分程度です。
もちろん本気で身体作りをする方は90分程度トレーニングしたほうがいいのかもしれません。

しかし私の目的は「筋トレを長期的に継続し、健康且つカッコいい身体を作る」です。

続かなかったら意味がありませんし、毎回筋トレばかり頑張りすぎて仕事のパフォーマンスが落ちても困ります。

それらを考慮した結果、私には「毎回30~45分程度の筋トレ」が合っていました。

また副次的な効果ですが、疲れている時などは「30分だったら頑張れる」と捉えることもできますので、継続にも繋がっています。

1日5分からでもいいと思います。
短い筋トレをまずは1ヶ月継続してみてください。

まとめ

私が意識している「筋トレと仕事を両立するためのポイント」は下記の4点です。

・達成できる目標を立てる
・1日のルーティーンを作る(筋トレの時間を固定する)
・ビックマウスになる
・筋トレの時間を短くする

私は在宅ワーカーですが、パートナーのナオキさんは「毎日出社しているサラリーマン」です。

別の視点で筋トレ継続のコツをご紹介していますので、是非ご一読ください。

「【今日からできる】仕事が忙しい!そんな社会人でも筋トレを続ける3つのポイント」

少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです。

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

新着記事をお知らせ

おすすめ記事