【今日からできる】仕事が忙しい!そんな社会人でも筋トレを続ける3つのポイント

こんにちは。
FITMORE運営のナオキです。

私はサラリーマンをしながら、平日夜や休日の時間を使い、FITMOREに携わっています。

今でこそ3か月以上週5程度の軽度トレーニングが続いており、
体質や体型の変化も感じていますが、
私は何度もトレーニングの挫折をしてきました。

仕事の終わりが遅めなのも、サボる自分に言い訳をする格好のネタとなっていました。
「今日は仕事が忙しかったし時間がない、まあいいや。明日頑張ろう」
「平日は忙しいし土日に頑張ろう。(結局土日は遊んでしまう)」

そうしているうちに、筋トレを始めた動機が薄れていくのがお決まりのパターンでした。

そんなズボラな私が、「なぜ3か月以上もトレーニングを継続できているか」について、時間の使い方や工夫を交えてご紹介したいと思います。

私の1日の時間の使い方

おおよそ、このルーティーンになっています。
ズボラな私がルーティーン化できるようになった理由は下記3つです。

①大きな目標を立てない
②視覚を利用する
➂他人を巻き込む

少し説明いたしますね。

①大きな目標を立てない

上記スケジュールの通り、私の筋トレ時間は10分と少し。
ガッツリ鍛えているわけではないのですが、それでも短い方でしょう。
その代わり5勤1休くらいのペースで取り組めています。

昔はジムで1時間みっちり×週3でやっていましたが、続かなかったです。
今は自宅で取り組んでいます。

「今日も筋トレを始めるぞ」と思えるハードルを
負荷と時間、距離の面で低くしています。

②視覚を利用する

私は代謝UP(=太りにくい体)が目的ということもあり、宅トレ派です。

そこで、自宅にヨガマットを敷きっぱなしにしています。

必ず目に入る場所に設置することで、
「やらないと!」「あ、今日は筋トレやってない!」
と思えるきっかけを作っています。

ジム通いの人はトレーニングウェアを目立つ場所に置いておく、
必ず会社鞄にウェアを入れていく、などが良いかもしれませんね。

➂他人を巻き込む

手前味噌ですが、毎日FITMOREに投稿していることが間違いなく
継続に貢献しています。

毎日、トレーニンググループに対して
・今日やったこと(ホウコク)
・明日やること(センゲン)
を投稿しています。

殆どが会ったことのない人たちのオンライングループではありますが、
自分がグループに対して宣言したことを裏切りたくないと行動を駆り立てます。

今では義務感もなくなり、トレーニングを習慣化できたと思います。

筋トレする → やったことを報告し、明日の目標も宣言する → 風呂に入る
これが1セットとして生活に定着したことがすごく大きいですね。

毎日のセンゲンとホウコクに関しては下記の記事も参考にしてください。
始め、改善し、続けることによってのみ結果が得られる。トレーニングも、人生も。

以上、私の1日の時間の使い方と工夫を紹介いたしました。

少しでも皆様のお役に立てていましたら幸いです。


FITMOREが運営するオンライントレーニンググループ『FITMORE』

FITMOREのビジョンはこちらの記事で解説中
 

FITMOREの使い方はこちらで解説中 

◆トレーニング仲間やコーチと共に運動習慣の定着を目指すトレーニンググループ(無料)
こんな人にオススメ!
⇒三日坊主になりがち/一人では続けられない/気分が乗ったときにしか取り組めていない
FITMORE無料グループに参加してみる
 

◆さらに成果を求める方はパーソナルコーチから個別指導を受けられる(オンライン/有料)
こんな人にオススメ!
⇒より自分に合ったトレーニング・ダイエットメニューを行いたい/食事や栄養指導もして欲しい

▼詳しくはこちらから
https://fitmore.info/

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

新着記事をお知らせ

おすすめ記事