筋トレを継続するたった3つの方法!続けるコツを教えます

筋トレがなかなか続かない経験ありませんか?

「仕事終わりだと疲れていてできない…」
「なかなか時間がとれない…」
「そもそもめんどくさい」

継続は力なりとはいいますが、なかなか難しいですよね。

みなさまのお悩みにお応えして、筋トレを継続する3つの方法をお伝えます。
どれも簡単にできることなのでぜひ実践してみてください。

この記事は、
目的を決めること
幸せホルモンでモチベーションを上げる
筋トレを継続する方法3つ
の順番でお伝えします。

まずは目的をしっかりと決める

筋トレをする前に、目的を決めることが大切です。
みなさんは何のためにトレーニングをしていますか?

「ダイエットのため」
「スポーツのパフォーマンスを上げるため」
「ムキムキになりたい」

理由は違えど、体を作ることが目的ですよね。
まずは、筋トレをして具体的にどうなりたいかゴールを決めましょう。

「あの有名人みたいな体になりたい」
「何kgやせる」

理由はなんでも構いません。
具体的なゴールをもっていることが大切です。

ゴールが決まっていないと、何のためにやっているのかわからなくなります。
モチベーションの低下にも繋がってしまうので、目的を決めることは大事です。

100m走を例に上げます。
ゴールがあるから走れるように、目的を決めると頑張れますよね。
とりあえず、走ってきてといわれたらどこまで頑張ればいいかわかりません。

具体的なゴールがあることで、目的地がわかります。
ゴールを決めることは、迷わずに筋トレをするために重要な要素なのです。

セロトニンの幸せホルモンを利用する

セロトニンで筋トレのモチベーションを上げましょう。

みなさんはセロトニンをご存じでしょうか。

セロトニンは、
快楽
幸福感
やる気

を分泌するホルモンです。
幸福感を得られるため、幸せホルモンと呼ばれています。

セロトニンが分泌されると楽しい、やる気がでるなどプラスの効果がでます。
筋トレをするモチベーションになるのです。

では、セロトニンはどうすれば分泌されるのか。

軽い運動をする(散歩やジョギング)
朝日を浴びる
リズム運動(ラジオ体操)

を行うと分泌されます。
セロトニン分泌は難しいことをする必要はありません。

朝日を浴びて気持ちがいいと感じるのは、セロトニンが分泌されているからです。
筋トレの前にセロトニンを分泌できればモチベーション高く、トレーニングできます。

筋トレの大敵はモチベーションが上がらないことです。
セロトニンを分泌させることで、筋トレのモチベーションを上げてくれます。
めんどくさいと感じていた気持ちも前向きに変わっているでしょう。

筋トレ継続のコツ①:目標を高く設定しない

筋トレを継続するために、できる範囲の目標を設定しましょう。

毎回クリアできるメニューでないと、いやになってしまいますよね。
意識を高くもつことはとてもいいことです。

しかし、目標を達成できなければ意味がなくなってしまいます。
まずは、続けることを考えましょう。

筋トレはゲームに似ています。
難易度が高くてクリアできないとイライラしてしまう。
クリアできないのはストレスです。

逆に、すこし頑張ればクリアできるゲームは成功体験として記憶に残ります。
成功体験はやる気や自己肯定感を高めてくれるので、筋トレには必要な要素といえるでしょう。

まずは、できる範囲でメニューを組みましょう。
精神的なオーバーワークは筋トレが続かなくなってしまします。

筋トレ継続のコツ②:最低ラインを決め、完璧主義を捨てる

完璧主義を捨てて、最低ラインを決めましょう。

筋トレがめんどくさい時ありますよね。
そんな時のために最低ラインを決めます。

「筋トレができなかった」ネガティブな記憶を作りたくありません。
「最低ラインはクリア」したという記憶のほうが筋トレのモチベーションになります。

小さな成功体験でもいいので、ネガティブな感情にならないようにすることがポイントです。

「完璧主義じゃない」
「そんなにストイックじゃない」

と思っている人も注意が必要です。
以下の項目に当てはまる人は隠れ完璧主義かもしれません。

順番通りにやらないと気が済まない
決めたメニューはすべてやりたい
中途半端にできない

最低ラインを決めておけば中途半端に終わることもなく目的達成できます。

最低ラインはなんでもOK。
とりあえず動かすことが大切なので、軽い運動や散歩でも大丈夫です。

全て完璧にやる必要はありません。
やる気が起きない時は、最低ラインをクリアしましょう。

筋トレ継続のコツ③:筋トレ仲間を作ろう

筋トレ仲間を作るメリットは、共に頑張れる点です。
隣で頑張っている人がいるだけで、もう少しやってみようという気持ちになります。

1人で続けていると、ついついサボってしまいますよね。
同じ目的意識があると、1人じゃないと思えて頑張れる。

筋トレ仲間を作るメリットは3つあります。

1人じゃない安心感
お互いに励ましあえる
目的が同じなので親近感がわく

筋トレの苦労や喜びを分かち合えこともメリットの1つです。
1人で部屋の掃除をするよりも、誰かと一緒のほうがモチベーションがあがります。。
筋トレも同じことがいえるでしょう。

次に筋トレ仲間を作る方法をご紹介します。

SNSで筋トレ仲間を探す
友人と一緒に筋トレをする
ジムに通う

SNSは筋トレを習慣化して発信している人や仲間をさがしている人もいます。

「#筋トレ好きとつながりたい」
とハッシュタグで検索すると簡単に探すことができます。

友人と筋トレをするのもいいでしょう。
気心が知れていますし、共に頑張ろうという気持ちになりますね。

ジムに通っている人は、同じ目的の人しかいないので自然とモチベーションも上がるでしょう。
個人でトレーニングするより、クラス制のグループレッスンが筋トレ仲間を作りやすいです。

筋トレも一緒に頑張れる仲間がいれば、1つのモチベーションになります。

筋トレ仲間ができるFITMORE

FITMOREは運動の習慣化を目指す無料トレーニンググループです。
入会の強制や、無理なトレーニングメニューはありません。

やることは、グループに今日と明日トレーニングメニューを報告するだけです。

FITMOREに入るメリットはこんな悩みをいだいている人。

「1人だとやる気がでない」
「筋トレの知識は誰にに頼ればいいんだろう」
「筋トレの正しいやり方がわからない」

そのお悩みをFITMOREが解決します。

特徴は3つ
筋トレ仲間ができる
筋トレ知識が身につく
マンツーマンの有料プラン

筋トレの仲間ができると頑張る原動力に。
さらに筋トレの情報交換などもできるので、わからないところは勉強できます。

有料プランはコーチがマンツーマンであなただけのプログラムを作成。
気になるコーチ陣も実力者ぞろいです。

現役ボディビルダー
アメリカ仕込みの知識をもったトレーナー

実践と経験で裏付けされた知識は、心強いパートナーになってくれます。

仲間や一緒に頑張ってくれる人がいれば、習慣化にもつなげやすいです。
筋トレが習慣化されれば、健康的な体を手に入れることができるでしょう。


FITMOREが運営するオンライントレーニンググループ『FITMORE』

FITMOREのビジョンはこちらの記事で解説中
 

FITMOREの使い方はこちらで解説中 

◆トレーニング仲間やコーチと共に運動習慣の定着を目指すトレーニンググループ(無料)
こんな人にオススメ!
⇒三日坊主になりがち/一人では続けられない/気分が乗ったときにしか取り組めていない
FITMORE無料グループに参加してみる
 

◆さらに成果を求める方はパーソナルコーチから個別指導を受けられる(オンライン/有料)
こんな人にオススメ!
⇒より自分に合ったトレーニング・ダイエットメニューを行いたい/食事や栄養指導もして欲しい

▼詳しくはこちらから
https://fitmore.info/

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

新着記事をお知らせ

おすすめ記事