運動をサボるのは悪いことじゃない、大切なのは継続すること

こんにちは。
FITMORE運営チームです。

いきなりですが、
継続って難しいですよね。

・ダイエットを始めたけど、ついつい誘惑に負けて食べすぎちゃった
・筋トレに取り組んでいるが、「今日はいいや」が多い

こんなこと、よくありますよね。
勉強でも家事でも、仕事でも。
私もよくあります。

FITMOREは運動の習慣化、つまり継続をテーマに運営していますが、そんな中で思うことがあったので共有したいと思います。

継続には【意思>甘え】の状態をいかに作るかが重要です。

その方法は人それぞれで良いと思います。
目標を貼り紙に書く/仲間と一緒に取り組む/パーソナルコーチをつける などなど

とはいえ、どうしても【甘え>意思】になってしまう日もあると思います。
そんな時に重要だと最近思うのが、自分を許すこと。

サボった自分を許し、そこで取り組みをシャットダウンしないことです。
1日サボったことをある種肯定してあげることが、
自分の中での「継続」のハードルを下げることにつながり、心が軽くなります。
心のチートデーとも言えるかもしれません。

完璧を求めすぎると1度のつまずきが積み上げたものを崩してしまいます。

これはトレーニングに限らないと思います。
自分の可能性には期待して良いですが、自分の完璧さを信用しないこと。
それが心の遊びを作り、視野の広がりや時間の自由を得られます。

極端な言い方をすると、
「サボってもいいからほどほどに頑張ってみよう」
このくらいの心もちで良いと思います。

継続的に取り組むことが重要なことに変わりはないのですが、
昨日トレーニングができた自分、今日サボってしまった自分、明日は頑張ろうと思っている自分、それぞれを肯定して良いと思います。

「やらなければならない」という支配的な感情は、行動を起こすのに寄与する要素です。それでも、夏休み最後の日に焦って宿題をやるような支配感情を持ってしまうと、長いスパンで結果を出すトレーニングやダイエットは続きません。

毎日が夏休み1日目。
そのくらいでも良いのではないでしょうか。
習慣化の重要性を説いてきたので逆説的ではありますが、
長く続けることには上記のような「サボりを許す」「自分を責めない」ことも大事だな、と最近思う次第です。

サボった自分を許し、また明日、私たちと一緒にトレーニングしましょう!


FITMOREが運営するオンライントレーニンググループ『FITMORE』

FITMOREのビジョンはこちらの記事で解説中
 

FITMOREの使い方はこちらで解説中 

◆トレーニング仲間やコーチと共に運動習慣の定着を目指すトレーニンググループ(無料)
こんな人にオススメ!
⇒三日坊主になりがち/一人では続けられない/気分が乗ったときにしか取り組めていない
FITMORE無料グループに参加してみる
 

◆さらに成果を求める方はパーソナルコーチから個別指導を受けられる(オンライン/有料)
こんな人にオススメ!
⇒より自分に合ったトレーニング・ダイエットメニューを行いたい/食事や栄養指導もして欲しい

▼詳しくはこちらから
https://fitmore.info/

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

新着記事をお知らせ

おすすめ記事